情報センター
情報センター

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
2017年、当院は西安国際マラソンの医療保障の仕事を円満に完成
作者:xaszxyy  発表日:2018-01-27









   10月28日、西安(碧桂園)国際マラソン試合は西安永寧門から走り始めました。今年は西安国際マラソンの元年で、26の国と地域から2万人の運動員が参加していました。これは、これまで西安の最もレベルの高いマラソン試合でした。
    西安市衛生計画出産委員会の配置により、わが院はマラソンのゴールで医療保障の任務を担当しました。医療保障の仕事と試合を安全に展開するために、試合医療保障の仕事に心のこもった手配をし、「西安市中心病院2017年西安国際マラソン人員の医療保障方案」を制定と配布し、当院が担当したマラソンのゴールの医療保障と院内医療保障を別々にし、李建英副院長をゴールの責任者としました。それに、院内の医療保障が当直の唐毅副院長に任せました。
    看護部、急診室、心臓内科、整形外科一科と整形外科二科の強力な支持の下で、当院は直ちに13人からなる医療保障組を成立しました。緊急手当の質を向上するために、医務課は医療チームの皆さんが救急過程と措置方案を熟練させるように、何度も対応の救急練習をしました。特に、マラソンの前日の夜、西安市衛生計画出産委員会リーダー達は当院がICU医療保障の任務を担当することを決めました。こんな厳しい状況では、当院は果敢に重責を担い、急に協調会を開き、設備事務室、総務課、薬剤科などのおかげで、3時間以内に臨時ICUの成立を終えました。
西安市衛生計画出産委員会の指示をもとに、すぐに正確的に救急の仕事をするために、午前5時、保障組は指定場所に着きました。李建英副院長は保障人員の皆さんが機械の使用、薬品の置いた場所及び個人の分業をよく知ると要求しました。それに、応急の任務が出た時、予定法案に基づき、冷静に対応しなけれ     ばなりません。とりわけ、マラソンのゴールは一番重要な部分だと強調し、今度中央テレビのライブに加え、療全員のイメージを保ちながら、中心医院の姿を樹立するように、個人の言行を十分に注意します。
    マラソンも医療保障任務も円満に終わりました。今度の保障を通じ、当院医務人員の集団精神と優れた業務素養を確かに検証し、苦労を恐れず様子を示しました。