情報センター
情報センター

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
感染症科では、今日からFibroTouch検査を実施しました
作者:xaszxyy  発表日:2018-01-27



   肝硬変は様々な慢性肝臓病の長期的な損害を与えた結果で、肝線維症からある程度の肝臓の質の変化です。肝硬変になったら、病状は逆転できません。しかし、肝硬変が発生しない慢性疾患患者の肝線維症は積極的に治療を受けてから、逆転することができます。ですから、慢性肝臓病患者の肝線維症の診断は極めて重要なのです。伝統的な肝線維症の診断についは、外傷性の穿刺活検技術に依存しています。それは一定のリスクあるだけでなく、その結果も数多くの影響を受けています。たとえば、操作者の経験、熟練さ、手にれた肝組織の長さ、肝穿刺針の重さ、患者の凝結機能の良しあし、病理医の経験などにかかわっています。同時に、局部的な病理評価を得るしかできません。
    FibroTouch は新型的な肝線維症無創検査機械で、肝臓の硬度を図ることで、肝線維症を判断して、肝線維症を正確的に等級をつけます。肝臓弾力性の瞬時的なスキャンはエコー検査と比べて、操作しやしく、デジタル量子化、検査者の主観的なものが含まれません。違った操作者が同じ結果を繰り返すことは最も非外傷性検査です。 FibroTouch エコー診断機械は様々な慢性疾患に引き起こされた肝線維症と肝硬変を診断する面では、良好的な効果があり、段々と肝臓活検査の肝線維症の代替的な機械になりました。それに、各種類の肝臓病の各段階の病状の検出と評価、脂肪肝の診断および病状の軽重度の評価にも応用できます。
    FibroTouch技術は肝線維症、肝臓硬度、脂肪肝の定量化検査に適用しています。その検査結果がより客観的で有効で、患者に長期的な注目及び訪問をすることができます。検査時間が短く、十分間以内に一人の患者の検査が完成させ、単位時間内の数を高めます。より敏感的で、慢性肝臓病の肝線維症の早期スクリーニング、予防、診断、治療、回復を実現します。早期的検査の有効的な手段とするばかりでなく、普通の人々に健康の検査を行うこともできます。明確的な診断基準(ヨーロッパと中国に認められた)があるからこそ、その結果がより権威的で比較可能性を備えています。
西安市中心病院では、今日から FibroTouch検査を行い、その優れたところが以下です。
1.当院の医療技術がさらなる段階に入ることができ、慢性的なB型肝炎の線維症の程度を検出することにより、患者は抗ウイルス治療を受けるかどうかを決めます。特に、肝機能トランスアミナーゼの正常あるいは軽度の異常、HBV-DNA定量が明らかに増加する患者です。
2.患者に非外傷性検査を提供することができ、病状が肝硬変にならないように、タイミングよく正確的に肝臓病(慢性肝炎、自身免疫肝臓病、薬物学肝臓病、代謝性肝臓病)線維症の程度を調べたところ、適切な措置を取ります。
3.当機械が脂肪肝の患者に定量の検査と等級をつけることにより、医者にとって、患者の治療や予防に役立ちます。
4.外来治療及び入院患者に便宜を図ります。
5.課室臨床及び科学研究活動に有利になり、文献を調べ、関係の課題を行います。