病院ご案内
病院ご案内

Hotline Telephone

62812802

Connect with Mass General
病院について
作者: admin  発表日: 2017/12/22 5:07:31
    西安市中心病院は1952年に創立され、その前身は西北軍政委員会衛生部直属の病院であり、1954年に西安市中心病院へ変更されました。60年ほどの建設と発展を経て、西安市中心病院は設備先進、学科揃い、技術力十分であり、医療、教学、研究、保健予防などを一体化した大型総合近代化病院となります。    
病院は西安市の繁栄な街にあり、病床数は1000床、医院年診療数約71万人に達し、一年に3.3万の患者を受け入れています。
    現在ではスタッフ総数1967人、高級職名の専門技術者は348人、専任と兼職教授、副教授は120人、国務院の特別な手当を受けて、市級の貢献称号を獲得した専門家は3人、陝西省の三五人材1人、市級の学術技術リーダーは3人がいます。病院に行政機能科室を21個設置し、臨床、医療技術科室51個があります。そのうち、職業病科は陜西省の医学優位にある専門学科であり、神経内科、消化器内科、映像科は西安市医学重点学科です。血液内科、心臓内科、呼吸器内科、火傷整形外科、神経外科、職業病科、超音波部門は西安市優位にある専門学科です。  職業病科、超音波部門、血液内科も「陝西省化学中毒治療基地」、「陝西省産前超音波スクリーニングセンター」「西安市血液病研究所」です。当院では西安市臨床映像质控中心、西安市病院感染质控中心、西安市消化内鏡质控中心、西安市臨床検査质控中心も設置しています。病院では先進の医療機器設備があり、例えば、256重高端螺旋CT、3 . 0双勾配MRI、発射型計算機断層スキャンシステムECT、C型アームレントゲン装置、高端超音波カラードップラー診断、デジタル化薄型乳腺機などの近代化の診療設備です。
    陝西省の初の三腔ペースメーカーのインストール病例は当院で完成し、当市では一番早く直視下心臓手術、肝移植、心臓バイパス手術、心臓介入手術、切断指再接着手術、造血幹細胞移植、血液浄化、高圧酸素治療などの手術を行なっている単位です。急慢性呼吸不全、心不全や消化器病、慢性腎不全などの重大な病気の治療は省内の先進レベルに達しました。腹腔鏡、電子胃カメラ、電子気管支鏡、関節鏡などを含む低侵襲技術はすでに各学科の特色の技術になり、腫瘍の治療は、超音波や放射線診断なども業界の先進レベルに立っています。
    病院は今西安交通大学医学部附属病院、第4軍医大学の教育病院、西安交通大学医学院の教育病院、延安大学医学院の教育病院であり、国家対外医療支援任務を担っています。病院は陝西省の指定渉外病院、衛生部国際緊急援助中心ネットワーク病院、省市衛生と計画出産委員会の指定救急医療ネットワーク病院です。前後、「全国精神文明建設工作先進単位」、「全国衛生先進単位」、「全国職業衛生先進団体」、「陝西省優質護理服務模範工程先進病院」、「西安市銀鈴行動義診進社区活動先進単位」などの賞を獲得しました。
    近年来、病院は「学術立院、品質創院、特色興院、法により治める」の発展戦略と「患者の生命、健康、満足度が至上」の趣旨をあくまで堅持し、「患者を中心に、医療の質を核心とする」によって仕事を展開しています。「優質護理服務模範工程」、「三好一満足」、「平安病院の創設」、「より一層医療サービス行動計画の改善」などの活動を通じ、積極的に国民の診察の体験を改善し、病院の設備を改善し、受診流程を最適化にします。医療の品質安全核心制度を厳格に実施し、優良品質介護サービスを積極的に広め、病院の医療品質を促進し、安全レベル及びサービスを向上させます。